病院案内

病院概要
施設案内
施設認定・施設基準
地域医療連携
学会発表・研究実績・メディア紹介


病院概要

診療科目・診療時間

一般の診療はすべて保険適用です。

診療内容

内科・消化器内科・リハビリテーション科
肝臓病(肝炎・肝硬変・肝臓がん)

診療
午前




午後




■月曜~金曜
午前  9:00-12:00
午後14:00-17:00
外来診療およびオンライン診療

■土曜
午前  9:00-12:00

【休診日】
日曜・祝日・第2、第4、第5土曜


診療科目・診療時間

アクセス

■住所
〒830-0001
福岡県久留米市小森野2-3-8

■TEL
0942-35-1000

バス

  • 西鉄バス 久留米高専バス停下車 徒歩5分

  • 九州自動車道 久留米インターから20分


理事長挨拶

今まで培ってきた技術力を駆使し、
あらゆる肝疾患の患者さまを専門的に治療しています。

私は1986年に久留米大学医学部を卒業後、久留米大学第二内科に入局いたしました。出張病院での研修と高度救急救命センターの1年4か月間の勤務の後、1992年より第二内科血管造影グループに所属し、以来現在まで、肝臓がんの治療を専門に診療を行ってまいりました。

2011年12月から久留米市内で肝疾患専門の「いたのクリニック」を開業しておりましたが、2015年6月末でクリニックを閉院し、7月より「久留米中央病院」の理事長・院長に就任いたしました。

今後の目標は、あらゆる肝疾患の患者さまを専門的に診療し、現在にもましてより多くの肝臓がん患者さまを私の治療で延命させ、その方たちを社会復帰させることであります。自由に広い地域の肝臓がん患者さまを多く受け入れ、今まで培ってきた技術力を駆使しながら、私の残りの人生すべて肝臓がんの治療にささげ、社会貢献をしていきたいと切に願っております。

現在私には、進行した原発性肝がんもしくは転移性肝がんの状態で月に1~2回の血管造影を定期的に受けなければならない患者さまが50名以上、慢性肝疾患や肝がん治癒後の経過観察を行っている方々が100名以上おりますが、その方々は全員、今後も私が経過観察・診察・治療を行います。

さらに他院より紹介される困難な進行肝がん症例も今までどおり広く受け入れ、治療計画を立て、生存期間の延長とQOL(生活の質)の改善を目指してまいります。当然、一般の内科疾患・消化器疾患の患者さまも診療を行ってまいります。よろしくお願いいたします。

理事長 板野 哲

理事長 板野 哲

Best Doctors


施設案内

1Fのご案内

入口

入口

受付

受付

内視鏡室

内視鏡室

CT室

CT室

血管造影室

血管造影室


2Fのご案内

ナースステーション

ナースステーション

PEIT・RFA室

PEIT・RFA室

談話室

談話室

3Fのご案内

多目的室

多目的室



施設認定・施設基準

届出事項

基本診療料

  • 急性期一般入院料2
  • 一般病棟入院基本料7対1 第311号
  • 重症者等療養環境特別加算(重)第205号
  • 後発医薬品使用体制加算1(後発使)第70号
  • 診療録管理体制加算2(診療録2)第270号
  • データ提出加算1(データ提)第215号

特別診療料

  • がん連携指導料(がん指)第928号
  • 肝炎インターフェロン治療計画料(肝炎)第7号
  • CT撮影及びMRI撮影(C・M)第46号
  • 外来化学療法加算1(外化1)第143号
  • 運動器リハビリテーション(Ⅲ)


施設認定

  • 福岡県肝疾患専門医療機関
  • 大腸がん検診精密検査実施登録医療機関
  • 胃がん検診精密検査実施登録医療機関
  • 肝臓がん検診精密検査実施登録医療機関
  • 肝臓がん再精密検査実施登録医療機関
  • 骨粗しょう症検診精密検査実施登録医療機関

地域医療連携

地域医療連携とは

地域医療連携とは、地域の医療機関が自らの施設の実情や地域の医療状況に応じて、医療機能の分担と専門化を進め、医療機関同士が相互に円滑な連携を図り、その有する機能を有効活用することにより、患者さまが地域で継続性のある適切な医療を受けられるようにするものです。

地域の医療機関と密接な連携のもと、地域の患者さまに必要な医療を継続して提供するために地域医療連携を推進しています。

地域医療連携


医療の機能分担

医療機関とは、「病院」(病床数20床以上)と「診療所・クリニック」(病床数19床以下)に分けられます。

医療の機能分担とは、日頃の診療は、地域の身近な「診療所・クリニック」といった“かかりつけ医”にお願いをし、より専門的な検査や治療が必要な場合、かかりつけ医に紹介状を書いてもらい「病院」にかかるといった制度です。

多くの病院では、患者さまが大きな病院に集中しないよう、また、より重症な患者さまの診療をできるよう、この制度を取り入れています。


紹介予約制

救急の場合を除いて、かかりつけ医などの地域の医療機関からの紹介を受けて患者さまの診療を行っています。

かかりつけ医で患者さまが専門病院などへの紹介が必要になった場合、かかりつけ医は診断内容を書いた紹介状(診療情報提供書)を書き、患者さまに渡します。

患者さまは、紹介された病院に予約をし、紹介状を持って受診します。

(200床以上の病院にかかる場合、紹介状が無いと保険外併用療養費として別途費用がかかります)


返送・逆紹介

症状が軽快・安定した患者さんについては、紹介元の医療機関において診療を受けていただくようにする「返送」、また、かかりつけ医がいない場合、症状により新たな医療機関での診察・治療が必要な場合は他の医療機関を紹介する「逆紹介」を実施しています。

連携医療機関

  • 社会医療法人雪の聖母会 聖マリア病院

学会発表・研究実績・メディア紹介

学会発表・研究実績
著書
メディア紹介


学会発表・研究実績

2020年

  • 肝硬変症に対する自己脂肪幹細胞肝動注移植の臨床研究
    医療法人いたの会 久留米中央病院 板野 哲
    九州大学大学院医学研究科 先端医療医学講座 赤星朋比古
    国際医療福祉大学 医学部 消化器外科 板野 理
    第43回 日本肝臓学会東部会 ワークショップ

  • 切除不能進行肝内胆肝癌に対して肝動注化学療法が奏功した2例
    石井 政嗣1),2), 板野 哲1), 板野 理3), 日比 泰造2)
    1)久留米中央病院 消化器内科、
    2)熊本大学 医学部 小児・移植外科
    3)国際医療福祉大学 医学部 消化器外科
    第58回 日本癌治療学会学術集会


2019年

  • Technology transfer of the IVR treatment for advance HCC
    ベトナム 肝癌講演会  ハノイ市 ビンメック病院

  • ① 肝細胞癌の原因となる慢性肝障害
    ② 留置カテーテルを用いた進行肝細胞癌の治療
    ③ 久留米中央病院における転移性肝癌の治療
    中国 肝疾患・肝癌治療講演会  浙江省海寧市

  • 肝動注併用化学療法とRFAを併用し経過良好な大腸癌肝転移症例
    板野 哲1)、中野聖士2)、椎名秀一朗3)、鳥村拓司2)
    1)医療法人いたの会 久留米中央病院、2)久留米大学医学部消化器内科、3)順天堂大学医学部消化器画像診断治療学
    第43回 日本肝臓学会西部会

  • 留置カテーテルを用いた難治性肝癌の治療
    日本統合医療学会 熊本県支部学術講演会 くまもと県民交流館パレア

  • 肝動注化学療法とRFAを併用し経過良好な大腸癌肝転移症例
    板野 哲

    大腿動脈アプローチ型System-iを介したIVR手技中にマイクロコイルによる血管塞栓の必要性が生じた場合
    有松 秀敏、板野 哲
    第44回 リザーバー研究会



2018年

  • 大腿動脈アプローチ型System-iにおけるハイフロータイプ「レオニスムーバ」の使用経験
    第43回リザーバー研究会

  • System-i(大動脈留置型特殊リザーバー)を用いて分割的IVR治療を行い経過良好な肝癌症例の報告
    肝癌治療研究会

  • 留置カテーテルを用いた肝癌の治療
    宮崎消化器内科セミナー 特別講演



2017年

  • 当院における脂質異常症に対する治療の現状
    久留米医師会外科医会

  • Interventional treatment about progressive hepatocellular carcinoma using implantable catheter
    アジア太平洋肝胆膵学会


2016年

  • 肝細胞がんの血管造影下治療におけるDSA画像の有用性 INNERVISION(31-5)2016

  • 肝動注併用療法化学療法によって寛解・延命が得られた末期的大腸がん肝転移の2例
    第52回日本肝がん研究会

  • 留置カテーテルを用いた進行肝がん治療の変遷と現状報告
    九州医療センター講演

  • System-iを用いて、反復DEB-TACEを施行したHCC症例の検討
    第41回リザーバー研究会/田尻 能祥


2015年

  • 血管造影とともに四半世紀
    Rad Fun Vol.13 No12(2015)

  • 大動脈留置型特殊リザーバー(System-i)を用いた下横隔動脈への持続動注
    第38回九州IVR研究会

  • System-i(大動脈留置型特殊リザーバー)を用いた頻回分割-TACEを施行した肝細胞がんの2例
    第40回リザーバー研究会

  • 切除不能肝細胞がんに対するmodified FP療法
    肝臓(0451-4203)56巻Suppl.1 PageA522(2015.04)

  • 大動脈留置型特殊リザーバー(System-I)を用いた分割動注で治療中の肝転移合併膵頭部がんの2症例
    IVR:Interventional Radiology(1340-4520)30巻1号 Page79-80(2015.02)


2014年



2013年

  • ミリプラを用いた肝細胞がんに対するIVR治療の現状
    第49回 日本肝がん研究会 ランチョンセミナー 共催:大日本住友製薬

  • シスプラチンを用いた既存の方針では治療困難な進行肝細胞がんに対し、長期Stable Diseaseを目的としたミリプラ
    反復分割TACE
    肝臓(0451-4203)54巻Suppl.1 PageA294(2013.04)


2012年

  • ミリプラチンを用いた反復TACEにより長期間制御が可能であった多結節性肝細胞がんの2症例
    第48回 日本肝がん研究会

  • 大動脈留置型特殊リザーバー(システム-I)を用いた肝細胞がんに対する分割的IVR治療
    第48回 日本肝がん研究会

  • HCCのカテーテル治療の最前線 肝動注化学療法の新しい潮流 システム-I、LFP療法、New FP療法など
    日本医学放射線学会学術集会抄録集(0048-0428)71回 PageS84(2012.02)


2011年

  • 大動脈留置型特殊リザーバー(システム-I)を用いた切除不能巨大肝がんに対する分割肝動脈化学塞栓療法
    肝臓(0451-4203)52巻Suppl.2 PageA623(2011.09)

  • 【最近のInterventional Radiologyの話題(Part 1)】
    肝細胞がんの経動脈性治療における新規抗がん剤ミリプラについて
    Rad Fan(1348-3498)9巻9号 Page55-57(2011.07)

  • 多様化する転移性肝がんの治療 大腸がん肝転移に対する肝動注FOLFOX・肝動注FOLFIRI療法
    肝臓(0451-4203)52巻Suppl.1 PageA134(2011.04)



2010年

  • 巨大肝がんの集学的治療
    Liver Cancer(1341-1926)16巻2号 Page87-94(2010.11)


2009年

  • Low-dose FP肝動注による完全緩解から9年6ヵ月後に再発を認めた肺転移合併進行肝細胞がんの1例
    Liver Cancer(1341-1926)15巻2号 Page249-256(2009.11)

  • アイエーコール投与によって救急処置が必要なショックを呈した肝細胞がんの5例
    肝臓(0451-4203)50巻Suppl.2 PageA579(2009.09)

  • 【基本に立ち戻って親カテーテル/ガイディングシステムを考える】
    System-Iと呼ばれる特殊リザーバーについて
    Rad Fan(1348-3498)7巻11号 Page95-97(2009.09)

  • 腫瘍減量術後の動注化学療法および全身化学療法により著効を得た巨大肝細胞がんの1例
    Liver Cancer(1341-1926)15巻1号 Page109-116(2009.04)

  • 大腸がん肝転移症例に対する肝動注併用FOLFOX-Bevacizumab療法
    日本消化器病学会雑誌(0446-6586)106巻臨増総会 PageA409(2009.03)


2008年

  • 腫瘍減量術後の肝動脈リザーバー動脈化学療法と全身化学療法により完全寛解を得た巨大結節併存肝細胞がんの一例
    第33回 リザーバー研究会

  • 肝動注併用FOLFOX+BV療法が有効であった大腸がん肝転移の一例
    第33回 リザーバー研究会



2007年

  • 進行肝がんに対する集学的治療 Stage IVの進行肝細胞がんに対するLow dose FP肝動注化学療法の検討
    日本消化器病学会雑誌(0446-6586)104巻臨増総会 PageA16(2007.03)

  • 特殊リザーバー(System-I)を用いた切除不能肝細胞がんに対する頻回分割選択的IVR治療
    Source:肝臓(0451-4203)49巻Suppl.1 PageA201(2008.04)

  • GEM+CDDP+5-FU肝動注化学療法が著効した尿管がん肝転移の1例
    Liver Cancer(1341-1926)13巻2号 Page203-210(2007.11)

  • 【マイクロガイドワイヤーの最先端に迫る!】ナデシコワイヤーをどのような状況で用いるのか?
    Rad Fan(1348-3498)5巻11号 Page70-72(2007.09)

  • 肝予備能の低下した肝硬変に合併した結節型肝細胞がんに対する治療の工夫
    肝臓(0451-4203)48巻Suppl3 PageA547(2007.11)

  • DSMとアイエーコールを併用した肝細胞がんに対するIVR治療
    Radiology Frontier(1344-316X)10巻2号 Page130-131(2007.05)

  • 【いまいちど動注をみなおす】 System-Iを用いた肝細胞がんの治療
    Radiology Frontier(1344-316X)10巻2号 Page83-87(2007.05)

  • 微粉末シスプラチンとDSMを併用した進行肝細胞がんに対する新しい肝動注化学療法
    肝臓(0451-4203)48巻Suppl.1 PageA58(2007.04)

  • 右房内腫瘍栓に対する治療が奏効した肝細胞がんの2症例
    Liver Cancer(1341-1926)13巻1号 Page84-92(2007.05)


2006年

  • 脳転移と骨転移を伴った肺がん(腺がん)肝転移に対しTS-1内服併用GEM+CDDP肝動注を施行し著効が得られた1例
    Liver Cancer(1341-1926)12巻2号 Page190-196(2006.11)

  • 特殊リザーバー(System-I)を用いた巨大結節併存肝細胞がんに対する分割TAE
    肝臓(0451-4203)47巻Suppl.1 PageA253(2006.04)

  • 【消化器がんの化学療法の有用性と限界】進行肝細胞がんにおける肝動注化学療法のレジメン別検討
    消化器科(0289-8756)42巻4号 Page362-369(2006.04)


2005年

  • 消化器がんの化学療法の有用性と限界 進行肝細胞がんに対する肝動注化学療法のレジメン別検討
    日本消化器病学会雑誌(0446-6586)102巻臨増大会 PageA486(2005.09)

  • 肝がんの集学的治療(局所治療から肝移植まで) Low dose FP肝動注化学療法を導入治療とした進行肝細胞がん362例についての検討
    肝臓(0451-4203)46巻Suppl.3 PageA499(2005.11)

  • 消化器がんの化学療法の有用性と限界 進行肝細胞がんに対する肝動注化学療法のレジメン別検討
    Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)47巻Suppl.2 Page1824(2005.09)


著書

  • GEM+CDDP+5FU 肝動注化学療法が著効した尿管がん肝転移の1例
    がんと化学療法社

  • System-I を用いた肝細胞がんの治療
    メディカルレビュー社

  • 右房内腫瘍栓に対する治療が奏効した肝細胞がんの2症例
    がんと化学療法社

  • 進行肝細胞がんにおける肝動注化学療法のレジメン別検討
    科学評論社

  • 左上腕動脈穿刺による肝動脈リザーバー留置
    Rad Fan

  • 【肝がん】ラジオ波熱凝固療法の実際「穿刺法のコツと工夫(超音波下)」
    南江堂

  • QOL向上を目指したがんの外来化学療法マニュアル「肝細胞がん」
    メディカルレビュー社

  • 肝細胞がん治療マニュアル「局所治療と動注化学療法の併用」
    南江堂

  • 肝がんのラジオ波焼灼療法「適応症例の検討」
    医学書院

  • 外科治療「肝細胞がんに対するRFA」
    永井書店


メディア紹介

【掲載誌】Doctor book 今の医療を知る
【タイトル】肝臓がんに対するリザーバー動注化学療法はどのように行なわれるか
詳細はこちら


【掲載日】2019年7月15日
【掲載誌】VIET JO
【タイトル】ビンメック国際病院、久留米中央病院から肝がん治療の最新技術を移転
詳細はこちら


【掲載日】2019年3月20日
【掲載誌】九州医事新報社
【タイトル】動注化学療法の認知を広め肝がん患者に希望を


【掲載日】2016年3月号
【掲載誌】九州医事新報社
【タイトル】「1秒でも長く生きていたい」その願いのため人生かけて


【掲載日】2016年01月28日
【掲載誌】西日本新聞
【タイトル】医師コラム「肝がんの発生」



消化器内科(肝臓疾患)の詳しいご案内

学会発表・研究実績・メディア紹介
転移性肝がん
肝臓がんの知識
肝動注化学療法
肝炎・肝硬変の主な疾患について
肝臓の知識


消化器内科(肝臓疾患)
肝炎・肝臓がん治療
内科
リハビリテーション科
再生医療
セカンドオピニオン
健康診断・がん検診
ワクチン・予防接種
PCR・抗原・抗体検査
がんリスク検査(アミノインデックス)
アレルギー血液検査(MAST36)
脳梗塞・心筋梗塞 危険度チェック
オンライン診療

久留米中央病院のご案内

診療内容

一般の診療はすべて保険適用です

  • 内科
  • 消化器内科
  • リハビリテーション科
  • 肝炎・肝硬変・肝臓がん(肝がん)などの肝臓病治療

お問合せ・予約受付

Tel.0942-35-1000


〒830-0001

福岡県久留米市小森野2-3-8

お問合せはこちら


診療時間

診療
午前




午後




■月曜~金曜
午前  9:00-12:00
午後14:00-17:00
外来診療およびオンライン診療

■土曜
午前  9:00-12:00

【休診日】
日曜・祝日・第2、第4、第5土曜

初診受付サービス